婚活エージェンシーが目指すもの~ブログ記事から~

婚活エージェンシーでは、婚活の新たなスタンダードを目指しています。

今までの『結婚相談所』というジャンルから抜け出したい。
出会い系サイトでも、結婚情報サービスでもない、結婚相談所でもない、新たなスタンダード。『婚活エージェンシー』

近年、マッチングシステムが充実しています。
初期費用は10万円程度、月会費も合わせれば高額が必要ですが、 それでも、気軽に始められるから、 会員数4万人のオーネット、3万5000人のツヴァイなど登録者は増え続けています。 会員数が多ければ、出会いのチャンスは広がります。  大賛成です。 現代版の出会いのツールとして充実していると思います。
情報社会と個人主義。 成婚料はありません。 まずは始めてください。婚活を~情報は提供します~ それがマッチングシステム業者大手、結婚情報サービスの特徴です。 
   一方で、従来からの結婚相談所は、入会時または成婚時に30万~100万円程度必要です。 今後は、一部の優良人材に特化した限定サービスとして淘汰されていくと予想されます。

婚活エージェンシーが加盟している日本仲人協会は、報酬の上限規定を設けている団体で、どんなに安い料金を設定することも出来るところが加盟している理由です。 成功報酬制の導入も趣旨に賛同できるところです。 入会時費用と月会費制では、成婚に導こうとする目的が指針として見えてきません。 現在のスタンダード、大手マッチングシステムでは、成婚料がない分成婚率は極めて低いのが現状です。 長く成婚出来ない方が会社の利益につながるのでは、本旨に反します。
 ただし、この成功報酬もあまりに高額では、会員を獲得しにくい。
お金をかけてまで・・・
そう思っている人がどれほど多く存在することでしょう。 それが現実なのです。 実際には目的を達成するのに懸ける費用としては、30万~100万円は決して高くはありません。優秀な家庭教師を雇えば有名校に入学できると同じで、敏腕仲人に依頼すれば成婚する確率は上がります。プロに支払う報酬としては決して高くはないのです。
 しかし、結婚はあくまでもマッチングの要素が強くありますから、費用が高額ということで入会する人が少なければ、成婚する可能性も低くなります。成婚率は10%あればいいほう。それが現状の結婚相談所業界です。 だから、やはり仕事として成り立たせるためには、成功報酬を30万円もらわないと出来ない。そういう実情もあるのです。 決して、高すぎる金額とは思っていません。
  でも、婚活エージェンシーでは、 この『成婚率が低い』というのを変えたい。 なかなか結婚出来ない。 その常識を変えるのが目的です。 そこが婚活エージェンシーの目指すものです。
  そこで、ひとつひとつ問題点を抜き出して、解決策を模索する。 そういう作業を続けてきました。
  そして、生まれたのが、 婚活エージェンシー独自のスタイル。
 
成婚報酬は限界までリーズナブルに挑戦しています。 月会費制でもありません。

目的を明確に捉えています。
会社の利益を考えずにスタートさせています。 必ず、後から利益は付いてくると信じるからです。

他では真似できないはずです。 婚活エージェンシーだから出来ること。 婚活エージェンシーにしか出来ないこと。 それが、いつしか業界のスタンダードとなれば、 なかなか結婚出来ない、 その常識が変わります。

スタートしたばかりの婚活エージェンシーですが、成果を上げつつあります。
プロの集団として実績を上げていきたい。 そう考えています。

 

株式会社SHIMADA 代表取締役 島田彰子
 

どんな人を結婚相手に選ぶのがいいのでしょうか?~ブログ記事から~

 

【結婚したい人へ】

人生に正解はないように、結婚にも正解はないと思います。
自分の基準で、『自分が好きな人』と結婚するのが一番の幸せでしょう。
でも、そもそも『自分が好きな人』の定義がわからない。そんな人もいるのではないでしょうか?
そこで、提言します。

【提言】どんな人を結婚相手に選ぶのがいいのでしょうか?

 

 

POINT 1
思いやりのある人がいいですよね。
優しい人がいい。
誠実な人じゃないと安心できない。

 

この3つをよく見てほしい。

 

 

POINT 2
自信を与えてくれる人か。
育った環境が似ているか。

 

 

私は、どういう人と結婚してほしいか、というのに一定の基準を持っています。
もちろん、どういう人を選ぶのかはご本人の自由ですが、私の仕事は、生涯その人の結婚生活が気にかかります。ですから、私なりの明確な基準がなければ仕事ができないのです。

その基準が、このPOINT2の2つです。

結婚する人は、貴方に自信を与えてくれる人がいいです。貴方の事を「すごいね~」って思ってくれる人です。認めてくれている人がそばにいることで人は輝けると思うのです。そして育った環境が似ていることも大切だと思います。生活を共にする相手とは、どちらが正しい、というものはありません。「どちらも正しい」のです。価値観の問題が数多く存在してきます。育った環境が違い過ぎると、どうしても価値観が違ってしまうことが多いです。基準になる習慣のようなものが似ていると衝突も少なく、より相手を理解でき、自然と仲の良い家庭を築けると思うのです。

 

結婚していない人は、出会いに恵まれない人が殆どです。

まだ、結婚する『運命の人』に出会っていないのです。貴方にとって、貴方に合う『いい人』に巡り会う日がきっと来ます。結婚する運命の人とは突然に出会いますから、今、婚活が上手くいっていない人も、決して焦らないで欲しいと思います。

 

結婚は人生の一大事。
よく考えて、そして、思い切って、一歩を踏み出してください。

 

 

婚活エージェンシーブログ記事:島田彰子2016/4/7